June 12, 2005

散歩

昨日今日は、大阪堺市でのMG研修。
一昨日、東京を出るときは、台風の影響もあり、
品川は雨だったが、大阪は降っていなかった。
しかし昨日は大阪も、一日小雨。

ようやく今朝は晴れたので、近くのマリーナに
散歩に行く。

最近は、なかなか朝の散歩ができない。
理由は、特に孫の泊まりにあると言える。

孫ちゃんが来ると、生活のリズムはすべて孫第一に
なる。

まず夕方は、彼女らが何時にな帰ってくるかで、仕事も
それに合わせて止めなければならない。

特に下の娘は、保育園から帰るとまずスケーターに
乗らないと収まらない。じいちゃんの仕事は後回しになる。

朝は、彼女らの食事・登校・登園が最優先課題となり、
よって私の散歩時間は雲散霧消。

逆に、孫が居ない日は、私は五分でも十分でも近くを
一周して、腸の蠕動運動を活発にすべく勤める。

ということで、堺の朝の散歩は条件に恵まれている。

ホテルの19Fから見ると、すぐ目の下は小さな港がある。
そこは、大部分がヨットハーバーになっており、
沢山のモーターボートが係留されている。

カリフォルニアのベニスビーチなどは、見るだけでも
気持ちよくなるが、ここのはもちろん比べ物にならない。
質素というか、細い桟橋も、船の増加に合わせて、
継ぎ足しの連続という感じ。

岬の突端に竜神像が2000年に立ったが、
まだ何もないころのほうが気持ちが良かった。

それでも、今朝は寒くもなく、軽い北からの微風で
快適。

帰りに、ボート基地で、売り物の写真を覗いたら、
何と高いものは4000万、安いものは40万、中間は400万
であった。車よりはるかに高い!! これほどとは知らなかった。

やはりアメリカ、ハワイなど西欧の富裕ぶりは、
日本とは比べ物にならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 22, 2005

智頭の自転車

壱岐のMGから、倉吉のMGへ動くのに、
5/20は中間の移動日である。
岡山に前夜泊して、915の特急で、鳥取の手前
智頭に向かう。

智頭というところは、山の中の町で、山林業が多い。
1027駅にN氏が迎えに出てくれた。五年ぶり?

駅近くの同氏のお宅に伺うと、なんとプジョーの
かっこいい自転車が二台ある。
昨年の連休に買ったそうだ。

乗らないかと言われて、恐る恐る借りてみると
これがまた快適。奥様のサドルの低いほうを借りたが、、。

同氏のお宅から、街中のメイン道路は、川のほうに向かって
下り一直線。行きはよいよい、帰りは大変だろうな、と思いつつ
数百メートルを一気に下る。

町並みが切れたところは、備前橋とかいう橋になって
川向こうの国道に繋がっている。
川がきれいなので、そこでしばらく車を止めて、
景色を楽しむ。国道は車が多く、河端の歩道の方を走る。

一周してきたが、まだN氏は仕事中だったので、
天気は良いし、爽やかなので、もう一度、今度は駅周辺に行く。

東京をたまに自転車で走るのと違って、
山陰の空気のきれいな山間地を自転車で散歩するのは
精神的にも、とてもいい休止符になった。

ありがとう、N氏ご夫妻。また来ます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

April 16, 2005

新幹線出張

今日明日は、土日名古屋MG。

早朝758品川発。
品川駅は、待合室の一角にITコーナーがあるので、
朝からゆっくりコーヒーを飲みながらアクセスを楽しめる。

ホームに下りると、修学旅行生が数十人。よく見ると、
同じ13号車らしい。これは大変だ。
先生が「停車は一分だから、12号車のドアからも急いで入るように」
と指示している。

私は、座席で言うと、彼らと同じ入り口だったが、
あわてて敬遠し、空いている後部入り口からさっと乗り込む。

座席は7Dなので、大至急前へ走っていく。
修学旅行生の座席は後ろ半分。
中の通路ですれ違うが、何しろこちらは旅行が商売、
連中は不慣れであるから、勝負にならない。

それにしても、あの先生、座席と入り口の関係ぐらい、乗車前に
調べておくべきと思うのだが、、。

それにしても、今日の修学旅行軍団はおとなしかった。
車中でまったく騒がないので、気になることなく名古屋に着いた。

朝933の名古屋駅は、折からの愛知地球博で、修学旅行生で
あふれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)