« October 2006 | Main

March 26, 2007

タヒチ・カメラ

▼カメラが好きだ。2005年秋にはキャノンのパワーショットS2ISを買ったのだが、やはり大仰で、ちょっとした旅行・外出には、もっと小さめなのがいい。ということで、今年の夏前に、同じキャノンのIXYデジタル800IS(四倍ズーム、165グラム)を買った。▼タヒチには、八ミリ(ビデオカメラ)を持っていきたい。で、ソニーのDVD505を春に買って、孫のスキー撮りから始める。 今回は、ビデオがかさばるので、PCは持っていかないことにした。カメラは、IXYならば問題ないので持っていったが、ビデオ内蔵の静止画がイマイチなのに対し、IXY800の画質が良いのに感心した。▼ボラボラの朝、カメラを下げて浜辺に出た。ちょうどオテマヌ(700m)の雲が少なかったので、静かな朝の浜辺からオテマヌを撮ったが、後で見ると残念なことに「M2」(200万画素)で撮っていた。その後は「M1」(400万画素)で撮っており、これはA4に伸ばしても、ほんとにバチッとしている。 200万画素のものは、せっかく良く撮れているのに、A4にすると、なにか勢いがない。いい写真なだけに非常に残念だ。 奥飛騨さんが、「何でもいいから、高画素で撮っておかないとだめ」というのが身にしみた今回の体験だった。▼海外旅行、特にタヒチとなると、10日前からスーツケースを出して、思いついたものをポンポン中に入れていく。今回も、時計は2個あったほうがいい(現地時間用と日本時間用)と、以前愛用していたアルバをリュックに放り込んでおいた。 さて、タヒチに着いて、早速探すが、入れたはずのものがどこを探しても出てこない。たしか入れたつもりが置き忘れたか? ふと思いついて、ケータイの時計を現地に設定。これは目覚ましにもなるので便利だ。 いつも使っているシティズンの電波腕時計はどうやってもボタン操作がまったく分からないので、これは日本のまま。おかげで滞在中は、しょっちゅうデジタルに5H足したりを繰り返した。 いざ帰る日になって、リュックの首に近い内ポケットを探ると、問題のサブ腕時計が、、。これはアルバ(セイコーの第二ブランド)なので、ボタン操作は簡単。早速現地時間に即設定。セットしたときはもうあと数時間でタヒチを離れるとき。前にも似たようなことがあったなぁ。▼八ミリがあるから、今年はPCは持っていくのをやめたのだが、現地へ行ってびっくりしたのは、第一のホテルでは室内からLANの用意があったこと。 第二のホテル・ボラボラではゲームセンターにLANの設備があったらしい。 三番目のランギロアでは、西村氏の写真館にLAN接続の用意が、、、。ウーン、複雑な気持ち。 思えば、このランギロアは、日本で言うと五島・石垣みたいなところで、以前からパソ通の接続は非常に難しかった。PAOPAOさんがカプラーを持ってきて、空港の電話機で懸命になってトライしたのを覚えている。時代は変わった。    ■

|

ヨドカメでがっくり

数日前から、また悪い虫が騒ぎ始めて、今すでに「G7」という最高のカメラを持っているのに、またまた超望遠のネオ一眼が欲しくなってしまった。

先月号の「デジキャパ」に、オリンパスの18倍ズームが最高と書いてある。そうかと思って、私は、早々とキャノンのIXY800ISを売りに行き、いつもが買える体制を整えた。

買うとなると「価格コム」が貴重な情報源だ。読んでみると、いやオリンパスの550には、ほかにこれこれの欠点が、、。と盛んなアップ。いろいろ研究してみると、まだ一度も買ったことはないが、松下のFZ8が良いと、、。

倍率は12倍だが、何しろ310gという超軽量がいい。私のG7より10g軽い。それでいて以前持っていたキャノンのS3ISと同じ12倍ズームである。すっかりその気になって、情報やカタログをかき集め、本日発売の「デジキャパ」最新号を求めて、ヨドカメ秋葉へ一直線。

早速現物に触ってみると、どうしたことか、ズームレバーの重いこと、痛いこと。これで一発で駄目。小型軽量高性能などといかに衆目が騒いでも、現物に触って、ズームレバーが重くて痛いのではアウト。

かつ、ホルド感は、やはり富士のS5200が一番だ。ホールド感が良くない。そういえば、以前にも、似たような「がっくり」があった。

日立のDVD八ミリを買おうとヨドカメ秋葉に行って、触ったとたんにそのズームの重さ、硬さに、一発でアウトになったのだ。で、いつものソニーの505に切り替えて、あとはめでたしめでたしとなった。

松下さん、オリンパスさん、基本を大切に。キャノンさん、小型プリンターの、ケースの設計が最近おかしいよ。昔のM70のときの上開き型が良いんですよ。メーカー各社よ、がんばれ。というわけで、超望遠はしばらく次繰り。

|

« October 2006 | Main