« June 2006 | Main | October 2006 »

August 24, 2006

IXY

今のIXYデジタル800ISを買ったのは、先月の7/22。ちょうど一月になる。

買った当座はちょっと重くて(165g+電池)、お散歩用に買ったつもりが、あとでLaoxで触った松下のFX01にすべきだったかと悔やんでもみたが、買ってしまったものはしょうがない。やや重い代わりに、キャノンのやつはすべからく本格的だから、あとで悔やむことが少ないはず、、。

7/30に高尾山に行くときにはテストに持っていったのだが、つい数日前にまた高尾山に行くときには、大きい12倍ズームを持っていく予定が、いかにもかさばって、リュックサックに不似合いだと、即この小型IXYに切り替えた。

■さて昨日の8/23の話。

孫のKが公文式進度上位者のつどいに出るというので、妻ともども、孫のTも連れて、四人で渋谷の東急のっぽホテルに出かけた。こういうときはますますスモールが良い。一時「近寄れないときは12倍かな?」とも思ったのだが、そのときはそのときということで、スモールにした。

散々迷った揚句のIXY800だ、こんな室内の遠くて暗い式典みたいなものをどう撮るか?
まずISO800まであるので、「ISOハイ」を設定。近くをKが行進するときは、フラッシュ強制で。
一方、舞台に上って、彼女をテレビカメラが、室内の大画面に大写しにするときには、初めて「連写」で。

連写というのは、以前冬に箱根駅伝を撮りに行った時、ぜんぜん思うように撮れなくて、相手を逃してしまったので、今回は失敗は出来ない。時間にしてKが画面に大写しになるのはまぁ10秒かそこらへんだ。しかもデジカメはフィルムと違って速射が利かないから、一枚撮ったら続けてというわけには行かないことが多い。ということは、初めから連写モードにしておけば、撮りそこないがない。

初めてだったが、そういうわけで、①画素数をM1まで上げ、②ISOをハイにして、③フラッシュオフ、④連写モードでやってみたら、なるほど、5-6枚バシャバシャバシャ、、と見事に撮れた。

すぐ再生してみると、やはり良くないもの、変な顔が4枚ほど。あと、これはというのが二枚あった!!
連写モードは使える!

このカメラは小さいが、⑤4倍ズームだし、⑥ピンボケは「遠景」にセットすることによって避けた。⑦あと、一点測光がいいか、広い評価測光がいいか、事前にちょっとテストしてみたら、普通の評価測光でいいことが分かった。

以上でかなり良いものが撮れた。ホワイトバランスはオートのままにしたが問題はなかったようだ。

■さて、本日。
ちょうどキャノンの小型プリンターが届いたので、テストを兼ねてカメラダイレクトでL判で6枚ほど焼いてみた。
やはりいつもの900PDには敵わないが、そこそこの写真を焼くことはできた。

かつて数年前、IXY30で奥日光、奥鬼怒で滝を撮ってがっかりしてから数年ぶりのIXYへの回帰だが、やはり以前のIXYとは一枚も二枚も三枚も違うことが分かったような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 12, 2006

黒川温泉

毎年8/11は、熊本空港でホンダ・フィットをレンタルし、近くの大津のうどん屋で昼食を済まし、勝手知ったミルクロードから阿蘇の外輪山へ登る。毎夏、定番のルートである。何回走っても飽きない。

昨日は、上のほうは霧か雲かがかかったりしたが、それでも阿蘇五岳はまあまあ見えた。
ルートは熟知しているし、今年はあちこち回らないので、スムーズに1545ごろ黒川温泉に到着した。

宿は部分的にリニューアルしていたが、部屋付きの露天風呂などは、前のほうがどきどき感があった。今年は女性からの意見で、野趣ゆたかをカットし、やや都会的に目隠ししていた。一言で言うとつまらない。その証拠に、あれほど毎年この風呂の写真をぱちぱち撮っていたのが、今回は撮影意欲が湧かないのだった。

しかし、その一点をのぞけば、この「山みずき」は、なんとも居心地がいい。

今朝帰るときにびっくりしたのは、僕の使い古しのスニーカーが綺麗に靴磨きされていた。東京を出るとき、磨こうと思いながら、ついに果たさなかっただけに、それをこのホテルで先回りされたのが、「やられた!」という感じだった。自分で焙煎するコーヒーメーカーも健在だった。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | October 2006 »