« September 2005 | Main | December 2005 »

October 28, 2005

二つのカメラ

一二ヶ月前にNHKでデジカメによる動物園の撮影指導を見たとき、インストラクターの先生のカメラは10倍ズーム、高倍率ズームのデジカメだった。

私は、これまでずっとコンパクトデジカメに集中してきていたので、そろそろそのような高倍率ズームがほしいなと思い始めた。

高倍率ズームはほしいけれども、重いカメラはほしくない。
何しろ、現在使っているキャノンのS60が230グラムと言うのでさえ、やや重いなと言う感じで、持ち歩くのが億劫なときがある。

そこで、今回も軽くて、高倍率で、値段は四万円台というのが条件となった。
何回となく「価格コム」や「ヨドカメ」のHPで徹底的に調べ、比較し、候補を絞り込んでいった。

今月になって、第一候補の某社の○5というのは、実際に現物を見、ついでに焼いてもらうことが出来たので「アウト」となった。色が悪い。キャノンの色や、富士の色を好む僕としては、薄くて黄色い写真はまず敬遠だ。

最終的に候補に残ったのは、ソニーとキャノンと富士。

このうち、ソニーはメモリースティックだからちょっと、、。
富士もxDという特殊なメモリーだから、愛用のキャノンの900PDプリンターに合いそうもないと、泣き泣き敬遠。
結局、キャノンファンの僕としては、あまりデザインは好きではないが、無難ということで、パワーショットのS2-
ISという機械にした。

これを持って、近くの勝島運河に試写に行ったら、望外に撮りやすくて、もうびっくりした。これまでにない望遠効果の利いたアップの写真が、いくらでも簡単に撮れるのだった。

はい、それにしても、、、。どうしても富士のS5200が気になる。
で、ついにちょうど一週間後の昨日、同じ木曜日に、またもや大好きな秋葉原ヨドカメに走っていって、そのもう一台のS5200を買ってしまったのだ。

まぁ、その富士のS5200を持って、夕方近く、近所の東大井公園に試写に行ったのだが、何を撮ろうか、風景か何かのつもりで行ったら、たまたま子供らが沢山遊んでいる。これは撮りやすい。何しろ、三倍と違って十倍望遠だものだから、相手に気づかれないでいくらでも撮れる。

近くで立ち話をしている若い主婦はとても撮れないが、子供だけならいくらでも。

持ち帰って、夜プリンターを持ち出し、xDをCF型アタッチメントに差し込んでプリンターに入れると、何の問題もなく、いつものとおりにばっちり印刷できた。

その中の一枚は、逆光に浮かぶ兄妹で、二人の髪の毛がA4の印画紙に細く繊細に印刷されて、偶然の傑作となった。

S5200は、キャノンと違い、デザインが良い。びっくりするほど軽い。グリップ感がぴったり、しっくり来る。
ただし、あっと言うときに撮りやすいかというと、それはキャノンの方が上という気もする。

まだまったく慣れてないので、これからしばらく両方を使い込んで、比較して行きたいと思う。

なお、写真そのものとしては、コンパクトデジカメのS60のほうがきりっとしている気もする。
一長一短。帯に短し、、?

秋葉原で話題のデジイチのも触ったが、あくまで「4万円台」というリーズナブルな値段でこれだけのことが出来るという点を追求していきたい。さて石垣にはどれを持っていこうか?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 07, 2005

秋田鶴の湯

乳頭温泉郷の鶴の湯と言えば、泣く子も黙る、、、。
例の北海道の温泉博士松田教授が日本温泉界の両横綱と大推薦の鶴の湯に、10/02の夜訪れることが出来た。

もう一方の九州黒川温泉・山みず木とは似ているところと対極的なところがある。
自然を大事にしているところは共通。

鶴の湯は、何もかもそぎ落とし、何もないところで客を歓待するところが、タヒチの簡素なほうのホテルを連想させる。シンプル。ヴィジュアル。ユーアティチュード(相手中心主義)。

山みずきは、脱日常。究極の満足と贅沢を、そこそこの値段でという後藤氏の哲学が光る。こちらは、タヒチでもホテルボラボラの快適さに近い。自然もいっぱい。眼に痛いブルーこそないが、、。

夜っぴいて、友の若いときのピュアな左翼体験・土建屋体験を聞きながら、山の宿のピュアさ、白いぬるめのお湯のピュアさが調和した、めったにない一夜であった。山菜料理も最高。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

« September 2005 | Main | December 2005 »