« June 2005 | Main | August 2005 »

July 28, 2005

ミニ撮影行

MG日記じゃなくて、八ミリ日記だといわれそうですが、、。

昨日は、ようやくHC1の試し撮りに行ってきました。
朝から三浦半島の西海岸、荒崎海岸まで行くのが
一番いいのですが、午前中は何かと仕事があって、
ようやく出たのは1330。
二時間しかないので、仕方がないから、いつもの
散歩コース、勝島運河めぐりになります。

お目当ては、数日前に一周したとき、うーんこれはきれいだ、と
思ったある人のお花畑のコスモスの花。

とりあえず、運河へ降りていって、
景色や花や、水面や鳩、船、船宿などを撮ります。

何しろ、ハイビジョンだし、ワイド画面なので、
三脚代わりの一脚は外せません。

台風一過の強烈な日差しだったので、
マシンに付いてきた、レンズフードが早速
役に立ちました。

運河を半周して、お目当てのお花畑に着いたときは、
すでに1445。
1500には帰ると言って出たので、後は駆け足で
一周して帰りました。

夜、夕食が済んで、孫たちもいなくなり、
完全に一人になったとき、あらためてゆっくりと
映写しました。さすがハイビジョン。
画面は申し分なし。

しかし、ワイド画面だけに、水平をしっかりとらないと
いかんなぁと痛感。

風が強いところなので、マイクは風の音ばかり
拾っていました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 27, 2005

電池がきた!

昨日、ヨドカメから電池セットが届いた。
発注から二日目。思ったより早かった。
というのは、本体を買うとき、このセットは
今店にない、と言われたので、、。

早速、充電器に大型(中型ですが)電池を
セットして、充電にかかる。

本体に付いてきた小型電池が撮影80分と
言いながら、目の前で落ちていくのに対して、
この中型は200分だから、少々落ちても大丈夫。

電池二個と充電器が届いたことで、ようやく
気が落ち着いた。これで、じゃぁ撮影に
行ってみようか、という気になる。

昨日は、一日中台風で雨だから、ということは
明日つまり今日は台風一過の大晴天という
ことになる。

ソフトケースのほうは、一応ソニー製を買ったが、
以前のキャノン製が出てきて、こちらのほうが
はるかにセンスが良い。

後は三脚だが、以前やはり愛用したので三脚にもなり
一脚にもなるという軽めのものがあったはず。

空は晴れた。気温も上がってきた。
保護フィルターはまだだが、さぁこれからテスト
撮影に出かけよう。(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

HC1(その2)

昨日土曜日、ちょっと大きな仕事が終わり、
今日日曜日はほんとに珍しく在宅。

午前中、ここ六年このマンションに住んで、
まったく初めて住民総会に出る。
40分間であっけなく済んで、大きなヒマができた。

ヒマが出来れば、先日買ったばかりでほったらかしの
八ミリの世話。(マニュアルだけは読んでたのですが)

先日、新宿ヨドカメで買うときには、本体とケースだけを
買ったのだが、どうしても必要な付属品を買わなければ、、。

それは最低限何なのか?
ゆっくりと考えているのだが、それは三脚と、電池と、充電器、
あとは多分レンズ保護のフィルター一枚。

三脚は、以前からのが我が家にもニ三あるが、いわゆる
帯に短し、たすきに、、、で、軽さから言って、「一脚」になりそう。

電池と充電器のセットは、先日本体を買うときに
店に聞いたのだが、あいにく品切れということで、
買えずに帰ってきた。

今日こそは、近くの大型量販店に予約に行かなければ、
と考えたが、ふと気が付いて、
最近ようやく慣れたNET注文にした。

まだ撮影行を一回もしてないので、
山か海に持っていかねばならないが、
それをするにも、上記三点が無いことには
不安が残る。すぐ電池が切れるとか、、。

という風に、ぼちぼちとマイマシンにチューンアップ
していく過程が楽しかとです。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

July 21, 2005

HC1

昨日は忙しい日だった。
朝1030には、高田の馬場で出版社に会って、八月末に出す本の最終校正を渡し、

無事に済むと、今度はこの間買ったばかりのビクターのHDD型小型ビデオを秋葉原の
中古買取屋に持っていき、思いのほか高く売れたのに気をよくして、

足音たかく、新宿西口の有名量販店へ飛んでいって、
先日7/07に発売されたばかりのソニーのハイビジョン型大衆値段型八ミリ
(今は八ミリではないが、、)HC1を
規定路線のごとく、淡々と買った。以前のポイントも残っていたし、安く済んだ。

あと、銀行に寄った後、『ビデオサロン』の八月号がこのHC1の特集をしているので
これを抜け目なく買って、あと郵便局で切手まで買ったので、
紙袋の中ははちきれそうになった。

夜は、雑誌を少々、取扱説明書を少々読んだだけで寝てしまう。

                    ◆

私は情報魔なので、せっかくのHC1も、まずは取り説を読んでしまわないと
使う気がしない。

それでも、値段を安く見せるために、ショルダーベルトも無く、
チャージャーとスペアの電池セットは大型店店頭にも無かったので、
別に買ったのは、5500円のソフトケースだけ。

そこで、ショルダーベルトは、以前の手持ちの八ミリから外して取り付けた。
保護レンズも必要みたいだ。

写真も撮るのだったら、付属の16Mではしょうがない、多分128を買うことに
なるだろう。ソニーが、SDカードにしてくれると、我々ユーザーは助かるのだが、、。

まぁ、こうやってだんだんとチューンアップしていくところが、
八ミリは面白いんですな。

え、どうして八ミリって言うのかって?

昭和36年(1961)の新入社員時代から、念願の八ミリを(当時、キャノンは買えず、
ニコンの安いのを)買って、長崎時代、一生懸命撮っていたものですから、、、。

ビデオも、初めはわざと8ミリだったのですが、その後6.25ミリに進化したんです。
でも、誰も6.25ミリとは言いませんよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

久しぶりの銀座

今日七日、ソニーから画期的なビデオカメラが発売された。

ここ半年ほど、なんとなくそれこそ久しぶりに
八ミリを買い換える気になって、
ビクターのHDDにするか、日立のDVDにするか、
それともソニーのDVD403にするかで迷い続けてきた。

なにしろ簡易編集がしたかったので、日立に傾いて
いたのだが、調べれば調べるほど、別な情報が
入ってきて決められない。

そうこうしているうちに、六月下旬になって、
たまたま近くの大型電気店に行くと、
新しいカタログがあって、ソニーが近頃にしては
珍しく、画期的な八ミリを出すという。

びっくりして食い入るように調べてみると、
これはまた大変な情報だ。

1975 ベータ
1985 ハイ8
1995 DV
2005 HDV

と、十年ごとの大革命。

迷いは一瞬に消えて、私が買う機械はまさに
これしかない、という気になった。
ほかに類がないのだから、迷うわけがない。

●小型のハイビジョンである。
●17万8000円と、新技術にしては、手ごろな値段である。
●少々重いが、許せる範囲である。

だんだん調べているうちに、六月下旬から時々、
銀座のソニービルで、
もとNHKの報道カメラマンが講師になって、
このマシンの写し方と編集の仕方の
ミニセミナーをやっていることがわかった。
参加料は2100円。

見ていると、どんどん満杯になっていく。
急ぎ、7/07の1130-1400を予約した。

久しぶりの銀座。
久しぶりのソニービル。

参加者は12名ぐらい。
新型マシンは4台あって、みんなそれぞれ
手に持ってみる。ずっしりとしている。
すごい機械の手ごたえ十分。

前半戦は、NHK氏。
後半戦の編集技術はソニー社員。
いずれも親切で、難しすぎず、易しすぎず、
ちょうど良い教え方だった。
十分に参考になる内容だった。

14時に終わり、同じ6Fに あの懐かしい
「あるでん亭」があるのを見ていたので、
終わるとまっすぐ入っていって、
ボンゴレと白ワインを頼んだ。1400円。
懐かしい味だ。ただこんなに固かったかな?

AL DENTE
歯ごたえという意味だろうか?

それにしても、編集機材は高い。
VAIOだけでも40万円。
またもや編集の夢は遠のいたなぁ、、。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »